お知らせ

見守り新鮮情報 第351号                2019年11月6日

◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

  _____________________________

 

       暖房器具に昨シーズンの灯油を使わないで

  _____________________________

<事例1>

新しく購入した石油ファンヒーターに、保管していた灯油を入れたところ、エ

ラー表示が出た。メーカーからは、「灯油に水分が含まれておりエラー表示が

出た。部品交換が必要」と言われた。(70歳代 男性)

<事例2>

先日購入した石油ストーブに、昨シーズンの残りの灯油を入れて火をつけた。

その日は点火できたが、二日後にはつかなくなった。メーカーには、「灯油が

古かったからではないか」と言われた。(60歳代 女性)

===================================

<ひとこと助言>

☆灯油は、保管中に日光や熱により変質したり、水や異種の油などが混入した

 りして「不良灯油」になることがあります。不良灯油を暖房器具に使用する

 と煙が出たり緊急消火ができなくなったりするなど、故障の原因になります。

☆昨シーズンのものなど、変質の可能性がある灯油は使用しないでください。

☆暖房器具を片付けるときは、取扱説明書に従って内部に灯油を残さないよう

 に処理してから保管することが大切です。

☆灯油はそのシーズン中に使い切りましょう。

 

イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html

※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。

__________________________________

本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行

しています。

 

●全国の消費生活センター等の相談窓口

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

**********************************************************************

メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html

問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp

**********************************************************************

 


お知らせ