お知らせ

見守り新鮮情報 第353号                2019年11月26日

◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

  _____________________________

 

         衣服に火がつく! 着衣着火に注意

  _____________________________

<事例1>

仏壇のりんごを取ろうとしたら、ろうそくの火が右袖に燃え移った。すぐに上

着を脱いだが火が消えず、背中のほうまで燃え広がった。上半身にやけどを負

い入院となった。(80歳代 女性)

<事例2>

湯を沸かそうとコンロに鍋をかけたら、隣のコンロの火がベストに着火し炎が

上がった。妻がすぐ気づきタオルで火を消したが、溶けた繊維で妻が指にやけ

どをした。(被害者:70歳代 女性)

===================================

<ひとこと助言>

☆ろうそくやコンロの火が衣服に燃え移ると大変危険です。身近な火気の取り

 扱いには十分に注意し、火に近づきすぎないよう気をつけてください。仏壇

 やコンロ等の奥のものを取るときは、必ず火を消してから行いましょう。

☆袖や裾が広がっているデザインの衣類やスカーフ、ストールなどは、火を使

 う際は身に着けないようにしましょう。

☆もし衣服に火が着いてしまったら、脱ぐ、たたく、水をかけるなどしてすぐ

 に消火しましょう。

 

イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html

※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。

__________________________________

本情報は、医療機関ネットワーク事業に参画している医療機関に寄せられた情

報と都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行してい

ます。

 

●全国の消費生活センター等の相談窓口

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

**********************************************************************

メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html

問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp

**********************************************************************

 


お知らせ