お知らせ

見守り新鮮情報 第374号                2020年9月16日

◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

  _____________________________

 

      骨折も! バスでの転倒事故に注意

  _____________________________

<事例1>

バス乗車中に席が空いたので、座ろうとしたところ、バスが急停車し大きく揺

れて床に尻もちをついた。(70歳代 女性)

<事例2>

バスが走行中に急ブレーキが掛かり、転倒し左足の太ももを骨折した。(60歳

代 女性)

===================================

<ひとこと助言>

☆バス車内での転倒事故が多発しています。特に高齢者は、車の発進など急な

 動きでバランスを崩しやすいので注意が必要です。

☆走行中はできるだけ着席し、立っている場合は手すりやつり革にしっかりつ

 かまりましょう。席を立つときは、バスが完全に停車してから立ち上がるこ

 とが大切です。

☆事故は乗車中だけではなく、乗り降りの際にも起こることがあるので、手す

 りをつかみ、つまずくことがないよう注意が必要です。

☆周囲の人たちも、高齢の方に座席や手すり等につかまりやすい場所を譲るこ

 とを心掛けましょう。

 

イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html

※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。

__________________________________

本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報と事故情報データバ

ンクの情報をもとに編集・発行しています。

 

●全国の消費生活センター等の相談窓口

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

**********************************************************************

メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html

問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp

**********************************************************************

 


見守り新鮮情報 第373号                2020年9月8日

◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

   _____________________________

 

     大金をあげる? 知らない人からのメールは無視!

   _____________________________

障がいがある女性の携帯電話に、知らない人から「1850万円を譲る相手にあな

たが選ばれました。手続きをするためお金を振り込んでください」というメール

が届き、女性はその内容を信じ込み2千円振り込んだ。その後、追加で1万円を

要求されたが手元になく「1万円を振り込まないとお金がもらえない」とお金の

管理を手伝っている支援者の自分に相談してきた。(当事者:50歳代 女性)

===================================

<ひとこと助言>

☆携帯電話やスマートフォンを持っていると様々な迷惑メール等が送られてき

 ます。メールの内容に従ってお金を振り込んでも大金はもらえません。知ら

 ない人からのメールは無視するなど、家族や周りの人とよく話し合っておき

 ましょう。スマートフォン等の設定で予防もできます。

☆家族や周りの人は、変わった様子はないかなど、日ごろから気を配りましょ

 う。同様の手口に再度だまされてしまうこともあるので、何度も繰り返し注

 意をする必要もあります。

☆少しでも不安を感じたら、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談

 ください(消費者ホットライン188)。一人での相談が難しい場合は、家族や

 周りの人が付き添いましょう。

 

イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html

※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。

__________________________________

本情報は、消費者庁作成の事例集をもとに編集・発行しています。

 

<詳細>

障がい者の消費行動と消費者トラブル事例集(概要)(消費者庁)[PDF形式]

https://www.caa.go.jp/future/project/project_009/pdf/project_009_190617_0001.pdf

 

●全国の消費生活センター等の相談窓口

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

**********************************************************************

メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html

問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp

**********************************************************************

 


鳥取県ホームページより

「とっとり方式認知症予防プログラム」公開中!

   ↑ここをクリック


新型コロナウイルスの感染拡大により延期しておりました名古屋市老連通常総会は

9月3日(木)に延期いたしました。


見守り新鮮情報 第372号                 2020年9月1日

◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

  _____________________________

 

        国勢調査を装った不審な電話に注意!

  _____________________________

<事例1>

数日前、「国勢調査」と言って電話があり、銀行のことについて「いくつ口座

があるか」「預金は1千万円以上あるか」と聞かれた。「口座は二つあり、預金

は1千万円以下だ」と答えた後、不審に思い電話を切った。(80歳代 女性)

<事例2>

国勢調査だと言って個人情報を聞かれたことがある。答えなかったが、答えた

ほうがよかったのだろうか。(70歳代 女性)

===================================

<ひとこと助言>

☆国勢調査では、調査員が電話で直接、個人情報や預金額等を聞くことはあり

 ません。

☆公的機関等をかたり、家族構成や資産状況等を聞き出そうとするいわゆる「ア

 ポ電」の可能性もあります。このような電話は、すぐに切ってください。

☆着信番号通知や留守電の録音機能を活用し、誰からの電話か分かったうえで

 電話に出るなどし、トラブルを防ぎましょう。

☆国勢調査に関する不審な電話があったときは、お住まいの市区町村の国勢調査

 担当や、自治体の消費生活センター等にご相談ください(消費者ホットライン

 188)。

 

イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html

※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。

__________________________________

本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行

しています。

 

<参考>

国勢調査2020総合サイト(総務省統計局)

https://www.kokusei2020.go.jp/

 

●全国の消費生活センター等の相談窓口

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

**********************************************************************

メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html

問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp

**********************************************************************

 


見守り新鮮情報 第371号                2020818

◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

  _____________________________

 

       災害に便乗した悪質な修理業者に注意

  _____________________________

訪問したリフォーム業者に「台風で屋根瓦が浮いている」と言われ、屋根を

見てもらったところ、写真を見せられ屋根の修理を勧められた。「火災保険が

下りれば実費負担なく工事ができる。保険の申請は無料で代行する」と言われ、

申込書にサインした。その後、知り合いの業者に写真を見せたら修理の必要は

ないと言われた。申込書には「保険適用前にキャンセルすると10万円かかる」

と書かれている。契約をやめたい。(80歳代 男性)

===================================

<ひとこと助言>

☆災害に便乗して、不必要な住宅修理を契約させられたという相談が寄せられ

 ています。

☆「火災保険が使えるので負担はない」「無料で保険の申請代行をする」などと

 勧誘されても、すぐに契約しないようにしましょう。

☆災害により被害を受けたら、慌てずに複数の業者から工事の見積もりを取り

 検討しましょう。

☆また、保険の適用対象となるか、申請はどのようにするかを自身が加入して

 いる保険会社に確認しましょう。

☆家族や周りの人は、高齢者や障がい者の家に不審な訪問者が来ていないか、

 気を配りましょう。

☆不安を感じたら、早めにお住まいの自治体の消費生活センター等にご相談く

 ださい(消費者ホットライン188)。

 

イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html

※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。

__________________________________

本情報は、国民生活センターの公表資料をもとに編集・発行しています。

 

<詳細>

「令和元年秋台風」で寄せられた消費生活相談情報-台風15号の発生から台風

19号上陸2カ月後までの全国の相談の推移-

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20200130_1.html

 

●全国の消費生活センター等の相談窓口

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

**********************************************************************

メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html

問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp

**********************************************************************

 


見守り新鮮情報 第370号                2020年8月12

◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

  _____________________________

 

      災害時の宿泊施設の解約トラブル

  _____________________________

6万円の旅館を宿泊予約し、クレジットカードで決済した。台風の接近に伴い、

電車が運休することになったため、行くことができないと思い宿泊の2日前に

解約の連絡をしたところ、50%のキャンセル料を請求すると言われた。交通機

関が止まるため行くことができないのにキャンセル料がかかるのは納得できな

い。(70歳代 男性)

===================================

<ひとこと助言>

☆旅行や宿泊施設のキャンセルについては、原則として旅行会社や宿泊施設の

 規約に従うことになります。しかし、台風や地震などの災害時は、事業者が

 特別な対応を行っている場合もあります。まずは事業者に問い合わせてみま

 しょう。

☆予約する前にキャンセル料等、規約をよく読み、納得した上で申し込みましょ

 う。不明な点があれば事業者に確認しましょう。

☆困ったときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください(消

 費者ホットライン188)。

 

イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html

※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。

__________________________________

本情報は、国民生活センターの公表情報をもとに編集・発行しています。

 

<詳細>

「令和元年秋台風」で寄せられた消費生活相談情報-台風15号の発生から台風

19号上陸2カ月後までの全国の相談の推移-

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20200130_1.html

 

●全国の消費生活センター等の相談窓口

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

**********************************************************************

メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html

問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp

**********************************************************************

 




見守り新鮮情報 第369号                2020年7月28日

◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

  _____________________________

 

      まだまだ多い 物干しざおの移動販売トラブル

  _____________________________

物干しざおが古くなったので、車で近所を回っていたさおだけ屋を呼び止めた。

値段を聞くと「ニーキュッパ」だというので、2,980円だと思い2本注文した。

業者が長さを測って切った後、59,000円を請求してきた。1本29,800円だった。

切ってしまった後なので断れないと思い、仕方なく支払った。(60歳代 女性)

===================================

<ひとこと助言>

☆物干しざおの移動販売に関する相談が依然として寄せられています。販売価

 格を明確に伝えられないまま、作業後に高額な請求をされるケースが多くみ

 られます。購入前に「1本〇〇円」と明確な販売価格を確認しましょう。

☆領収書が渡されない、連絡がつかない等、返金交渉が困難なケースもみられ

 ます。納得できない場合はその場でお金を支払わないようにしましょう。

☆無理やり支払いを求められた場合は、周囲の人や警察に助けを求めましょう。

 車のナンバーを記録しておくのもよいでしょう。

☆契約の取り消しが可能な場合もあります。困ったときは、お住まいの自治体

 の消費生活センター等にご相談ください(消費者ホットライン188)。

 

イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html

※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。

__________________________________

本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行

しています。

 

<参考>

物干しざおに10万円!?-高齢女性を中心に、移動販売でのトラブルが再び増

加!-

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20150806_1.html

 

●全国の消費生活センター等の相談窓口

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

**********************************************************************

メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html

問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp

**********************************************************************

 


お知らせ