お知らせ

見守り新鮮情報 第301号                              平成30年2月6日

◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

 

         ご注意   安売りにつられて通ったら…高額な健康食品を売りつけられた

  

近所の空き店舗に新しく入った店では、食品等が安く売られており、健康につ
いて説明もしてくれるので、毎日のように通っていた。数日前、血管の話を聞
いた後、薬を飲むよりも血管がきれいになるという健康食品を「今日が締め切
り」などと勧められ、断りきれずに購入した。代金約13万円は高額すぎる。
クーリング・オフしたい。(80歳代 女性)
===================================
<ひとこと助言>
☆無料や安価で販売される食品や日用品を目当てに、空き店舗等を利用した会
 場に通っていたところ、高額な健康食品等を勧められたという相談が寄せら
 れています。
☆通い続けて顔見知りになり、言葉巧みに勧誘を受けると、断り切れなくなる
 場合もあります。安易にそのような場に行かないことが大切です。
☆会場に足を運んでしまった場合は、勧誘されても必要がなければその場で
 きっぱり断りましょう。
☆困ったときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください
 (消費者ホットライン188)。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html
※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。
__________________________________
本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行
しています。

<参考>
高齢者が支払えなくなるまで次々に販売するSF商法-支払い金額の平均は170万
円にも!-

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20150521_1.html

●全国の消費生活センター等の相談窓口
http://www.kokusen.go.jp/map/index.html
**********************************************************************
メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html
問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp
**********************************************************************


見守り新鮮情報 第300号                              平成30年1月30日

◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

 

         ご注意   見守り新鮮情報300号記念号のお知らせ


今回は「見守り新鮮情報」が300号を迎えたことから、「クロスワードパズ
ル」と「電話勧誘のお断りグッズ」を作成しました。


●「クロスワードパズル」「電話勧誘のお断りグッズ」[PDF形式]は国民生
活センターホームページからプリントして、ご活用ください。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mailmag/mj-shinsen300.html

__________________________________

●全国の消費生活センター等の相談窓口

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

**********************************************************************
メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html
問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp
**********************************************************************


なごやかひろば第51号を掲載しました。

前号から全ページ掲載してあります。


見守り新鮮情報 第299号                              平成30年1月16日

◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

 

         ご注意   相談急増 ハガキによる架空請求


「総合消費料金に関する訴訟最終告知」というハガキが届いた。訴訟や差し押
さえなどと書かれており、怖くなってハガキに書いてあった電話番号に連絡し
たところ、「あなたは買った物の代金を支払っていないため、企業から訴えら
れている。弁護士に確認したが取り下げに間に合わないので、示談金として10
万円をコンビニで支払うように」と言われた。全く身に覚えがないのに支払わ
なければならないのか。(60歳代 女性)
===================================
<ひとこと助言>
☆ハガキによる架空請求に関する相談が増加しています。
☆行政機関を装い、「未納料金の訴訟最終告知」等と書かれたハガキが自宅に
 届き、文面に「訴訟を起こす」「差し押さえ」などと法律用語を使って不安
 をあおり、ハガキに記載のある連絡先に電話をかけさせようとするものです。
 連絡をするとお金を要求されたり、電話番号等の個人情報を知られてしまっ
 たりするケースもあります。
☆このようなハガキが届いても、決して連絡してはいけません。
☆少しでも不安に思ったときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご
 相談ください(消費者ホットライン188)。


イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html
※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。
__________________________________
本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行
しています。

●全国の消費生活センター等の相談窓口

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html
**********************************************************************
メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html
問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp

**********************************************************************



 

 


 

 名古屋市では、性別にかかわりなく個性と能力を十分に発揮できる「男女共同参画社会」の実現を目指しておりますが、その実現を妨げる問題の一つにドメスティック・バイオレンス、略して「DV」があります。

 「DV」は夫婦やパートナーなど、親密な間柄にある相手からの暴力のことです。固定的な性別役割分担意識や、経済力の格差・上下関係など男性、女性の置かれている立場の違い、差別意識などが引き起こすもので、個人の尊厳を害し、男女平等参画の実現の妨げとなっています。

 男女共に固定的な性別役割分担意識から自由になって、共に相手を傷つけていないか、振り返ってみてください。

 

   男女共同参画社会啓発チラシ

 


ファイルイメージ

見守り新鮮情報 第298号                              平成29年12月19日

◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

 

         ご注意   「見守り」と「気づき」で障がい者の消費者トラブルを防ごう

 

「見守り」と「気づき」のチェックポイント
<本人の様子>
・食欲が無くなったり、元気が無くなったりしていないか。
・生活パターンやリズムが乱れていないか。
・身なりに変化がないか。
・なかなか言い出せずに困っている様子はないか。
<住まいの様子>
・不審な封筒や請求書等の書類がないか。
・見慣れない段ボールや商品が置かれていないか。
・居室や居宅が改修されていないか。
===================================
<ひとこと助言>
☆障がいのある方、特に知的障害や精神障害がある方は、知らない人とのコミュ
 ニケーションが得意ではなく、その場で的確な判断や対応が出来にくいこと
 があるため、悪質商法の被害に遭いやすい傾向があります。
☆被害の早期発見、また被害を繰り返さないためにも、家族や周りの人は、日
 ごろから様子を気にかけ、生活の変化をなるべく早く察知することが期待さ
 れます。障がいのある方の思いを大切にし、本人の意向に沿いながら支援し
 ましょう。
☆消費者トラブルで困っている様子に気づいたら、お住まいの自治体の消費生
 活センター等にご相談ください(消費者ホットライン188)。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html
※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。
__________________________________
本情報は、社会福祉法人全国社会福祉協議会の協力により編集・発行していま
す。

●全国の消費生活センター等の相談窓口

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html
**********************************************************************
メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html
問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp
**********************************************************************

 

 

 


 

   「健康づくりセミナー」の参加者を募集します。

  詳しくは、募集チラシをご覧ください。

   なお、老人クラブ会員の方は、お住まいの区の区老連事務局へお申込みください。

   「健康づくりセミナー」募集チラシ

 


ファイルイメージ

見守り新鮮情報 第297号                              平成29年12月5日

◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

 

         ご注意  カニの勧誘電話にご用心

自分の留守中に自宅へ海産物販売業者から電話があり、妻が出た。業者は自分
の住所と名前を知っており、「以前カタログギフトで海産物を注文した人へ連
絡している。ズワイガニを6日後に代引きで送る」と言われ、妻は事情がわから
ず承知したという。帰宅後に妻から話を聞き、電話の着信履歴に残っていた番
号へ電話し、「注文を取り消したい」と伝えたところ了承された。キャンセル
できたか不安だ。(60歳代 男性)
===================================
<ひとこと助言>
☆カニなどの海産物の勧誘電話を受け、強引に契約をさせられた、断ったのに
 商品が届いた、キャンセルしたいのに業者と連絡が取れない、家族が注文し
 たと思い返事をしてしまった、などの相談が多数寄せられています。
☆家族が注文したか不明な場合は、本人に確認してから返事をするなど、即答
 せずに冷静に対応することが大切です。
☆電話での勧誘を受けて契約した場合は、8日以内ならばクーリング・オフが
 できます。
☆業者と連絡が取れないなど、不安なとき、困ったときは、早めにお住まいの
 自治体の消費生活センター等にご相談ください(消費者ホットライン188)。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html
※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。
__________________________________
本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行
しています。

●全国の消費生活センター等の相談窓口

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html
**********************************************************************
メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html
問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp

 

**********************************************************************


見守り新鮮情報 第296号                              平成29年11月28日

◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

 

         ご注意  クレジットカードの利用明細書は必ず確認しましょう

クレジットカード会社から「口座残高不足」の案内が届いた。慌てて利用明細
書を確認したところ、20万円以上の請求があり、ほとんど心当たりがない請求
だった。改めて以前届いた明細書も見直してみると、約1年間で合計60万円ほど
の利用した覚えのない請求があった。不正利用ではないかと思う。明細書を確
認していなかった非は認めるが、どうにかならないか。(70歳代 男性)
===================================
<ひとこと助言>
☆クレジットカード会社から送られてくる利用明細書に、利用した覚えのない
 請求が含まれていたという相談が寄せられています。
☆クレジットカード会社の調査等により、第三者による不正利用だったことが
 分かる場合もあります。
☆利用明細書は必ず定期的に確認することが大切です。クレジットカードを利
 用した際に受け取った伝票等と突き合わせ、確認をしましょう。利用した覚
 えのない請求があったら、早急にクレジットカード会社にその旨を連絡しま
 しょう。
☆困ったときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください
 (消費者ホットライン188)。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html
※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。
__________________________________
本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行
しています。

●全国の消費生活センター等の相談窓口

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html
**********************************************************************
メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html
問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp

**********************************************************************


見守り新鮮情報 第295号                              平成29年11月21日

◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

 

         ご注意  焦る「親心」に付け込む結婚相手紹介サービス業者に注意

自宅に「結婚適齢期のお子さんはいませんか」と結婚相手紹介サービス業者か
ら電話があり、訪問を了承した。「息子さんの収入は関係ない。来年までに結
婚できるようにする」と説明され、業者が提供する親の会の入会金5万円を支
払った。しかし、何度催促しても相手を紹介してもらえない。説明と違うので
解約したい。(70歳代 女性)
===================================
<ひとこと助言>
☆親に対して電話や家庭への訪問を行い、親心に付け込んで契約をさせる結婚
 相手紹介サービス業者とトラブルになるケースがあります。中には「子の未
 婚は親の責任」と不安をあおり、契約を迫るケースもみられます。
☆子どもを心配する親心に付け込み、「絶対結婚できる」などと断言するよう
 な業者には十分注意しましょう。
☆結婚について子どもと十分に話し合うことが大切です。その上で、複数の業者
 を比較検討し、サービスの内容等を契約書等で確認しましょう。
☆一定の要件を満たせばクーリング・オフや中途解約が出来る場合があります。
 疑問や不安を感じたら、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談く
 ださい(消費者ホットライン188)。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html
※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。
__________________________________
本情報は、国民生活センターの公表情報をもとに編集・発行しています。

<詳細>
子の未婚は親の責任?-結婚相手紹介サービスの、親への訪問や電話勧誘にご
注意ください-

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20171019_1.html

●全国の消費生活センター等の相談窓口
http://www.kokusen.go.jp/map/index.html
**********************************************************************
メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html
問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp

 

**********************************************************************


お知らせ