お知らせ


 

 

 

 市老連と鯱城会の懇談会が開催されました

 10月4日、老人クラブと鯱城学園卒業生でつくる鯱城会との懇談会が名古屋市総合福祉会館で開催されました。今回が平成28年に続く2回目となるもので両団体が相互の理解を深め、今後の連携を進めるための意見交換を行いました。

 当日は、市老連から三溝会長はじめ常任理事会6名と、鯱城会との連携を積極的に進めている長尾名東区老連会長が参加、鯱城会は石谷会長はじめ2人の副幹事長と鈴木名東鯱城会長、他に健康福祉局高齢福祉課、両団体の事務局が参加しました。

 最初に、事務局から それぞれの組織や活動の紹介がされました。続いて連携に取り組んでいる名東区の事例について、名東区老連及び名東鯱城会から紹介がありました。市老連理事会で2年前に行われた両者の懇談会の報告があり、これをきっかけに名東区老連会長が鯱城会にコンタクトをとり両者が連携について模索していくこととなりました。当初は、両者の会合を持ち、それぞれの組織や活動などを知ることからはじめ、グラウンド・ゴルフやカラオケ、趣味の作品展、サロン活動や花見の会など会員が興味を持ってくれそうな活動に発展していったことが報告されました。

 急速の進展は難しいが、日頃の「おつきあい」が連携につながるとの意見が添えられました。  

その後、意見交換会にすすみ、活発な発言が出されました。

   グラウンド・ゴルフや作品展など趣味をとおして交友活動が生まれ継続するが、この段取りを行う役員は大変である。老人クラブでも、役員のなり手がないことが、クラブの解散につながっている。

   会員の満足や増加には、会の魅力づくりが大切であり、鯱城会では、現在テーマを設けて魅力向上検討会を立ち上げている。

   老人クラブも鯱城会も楽しくないと、入会してくれません。名東区老連は通称も「名東区なごやかクラブ連合会」に変えました。また、ボランティアを強制しないことにしました。 

最後に、両者、高齢者を対象にする組織であり、活動の内容も共通するところが多い。相互に情報を交換したり、それぞれの活動に人的に交流をしたりすることは、組織の活性化や会員の増強に有益で、その際、「楽しいことをやる」といった視点が大切であり、今回は懇談会の成果を持ち帰り検討するとともに、今後も継続して交流の機会を設けていきたいと締めくくられた。

 

 

 

 



 

 市老連・区老連・美術館等のイベント一覧を作成しました。

 〇なごやかクラブ名古屋 イベント一覧(後期:平成30年10月~平成31年3月)

 〇その他イベント一覧(後期:平成30年10月~平成31年3月)

   名古屋市美術館・ヤマザキマザック美術館・愛環ふらっとウォーキング等


 

見守り新鮮情報 第319号                             平成30年10月2


◇発行:独立行政法人国民生活センター◇  

 

         回数券 使えなくなるリスクも考えて購入を 

<事例1

理髪店で5回分の散髪代で6回散髪出来るという回数券を購入していたが、前触

れもなく倒産したようだ。未使用の券が残っている。電話をかけたがつながら

ない。(80歳代 男性)

<事例2

マッサージ店で20回分の回数券を買った。その後、高齢の父の介護で長期帰省

することになったので、未使用の回数券を払い戻してもらおうとしたが、社内

規定により払い戻し出来ないと言われた。(60歳代 女性)

 

===================================

<ひとこと助言>

☆「割安になる」「特典が付く」等でお得感のある回数券ですが、未使用でも

 払い戻しされない場合があります。健康状態や引っ越し等先々通うことが困

 難になることもあります。期間内に使い切れるかどうか、購入する前によく

 考えましょう。

☆回数券の利用方法・払い戻し等については各事業者が定めた約款等に従うこ

 とになります。事業者が倒産した場合でも、払い戻しが出来るとは限りませ

 ん。購入する前にしっかり確認しましょう。

☆困ったときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください

 (消費者ホットライン188)。

 

イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html

※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。

__________________________________

本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行

しています。

 

●全国の消費生活センター等の相談窓口

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

**********************************************************************

メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html

問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp

**********************************************************************

 


 

見守り新鮮情報 第318号                              平成30年9月19日


◇発行:独立行政法人国民生活センター◇  

 

         光回線サービスの変更は、内容をよく理解してから 


<事例1>
「電力工事のお知らせに訪問したい」と言われ、契約中の電力会社だと思い話
を聞いた。「この地域は皆、この光回線にしている」と変更が必要であるかの
ように言われ、書類に記入したら、別会社への光回線申込だった。(70歳代 
女性)
<事例2>
契約中の大手通信事業者Aを名乗る電話があり、「光コラボの案内。今より千円
ほど安くなる」と勧誘された。A社のプラン変更だと思い手続きをしたら、別会
社との契約になっていた。(60歳代 男性)
===================================
<ひとこと助言>
☆NTT東日本やNTT西日本から光回線を借り受けた事業者(光コラボレーション
 事業者)の参入が増え、これらが提供する光回線サービス(コラボ光)の相
 談も寄せられています。光コラボレーション事業者との契約は、NTT東西との
 契約ではありません。
☆「安くなる」と勧誘されても他のオプションサービスとセット契約だった場
 合、今の料金より高くなることがあります。
☆勧誘されてもすぐに返事をせず、契約先の事業者名、サービス名など契約内
 容を確認しましょう。内容が理解出来ない、必要がないと思った場合は、き
 っぱり断りましょう。
☆コラボ光は、電気通信事業法の解約ルールである「初期契約解除制度」の対
 象です。解約したいと思ったら、すぐに光コラボレーション事業者に申し出
 ましょう。心配なときは、お早めにお住まいの自治体の消費生活センター等
 にご相談ください(消費者ホットライン188)。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html
※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。
__________________________________
本情報は、国民生活センターの公表情報をもとに編集・発行しています。

<詳細>
光回線サービスの卸売に関する勧誘トラブルにご注意!第2弾-安くなると言わ
れても、すぐに契約しないようにしましょう-

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20180726_1.html

●全国の消費生活センター等の相談窓口
http://www.kokusen.go.jp/map/index.html
**********************************************************************
メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html
問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp

**********************************************************************


なごやかひろば第53号を掲載しました。

全ページ掲載してあります。


 

 恒例の「なごやかクラブ名古屋(名古屋市老連)」主催ウォーキング大会を今年も開催します。高齢者の健康づくりや老人クラブ活動に関心のある方の体験参加をお待ちしております。

 

   参加者募集チラシ

 


 

見守り新鮮情報 第317号                              平成30年9月4日


◇発行:独立行政法人国民生活センター◇  

 

        思いがけない高額請求 チラシを見て頼んだ廃品回収 

<事例1

他県に住む親がチラシを見て、廃品回収を事業者に依頼した。チラシには「廃

品回収代金が8万円」と書かれていたが、実際には47万円請求され、支払って

しまった。(当事者:80歳代 男性)

<事例2

不用品の処分をしてもらおうと、投げ込みチラシの事業者に電話をすると「費

用は3万円くらい」と言われたが、来訪すると30万円を提示された。高いとは

思ったが、仕方なく支払った。(60歳代 女性)

===================================

<ひとこと助言>

☆投げ込みチラシ等を見て事業者に廃品回収を依頼する場合、チラシに記載さ

 れている金額で契約出来るとは限りません。事前に複数の事業者から見積も

 りを取り、料金だけでなく作業内容も比較検討しましょう。

☆作業終了後に突然高額な金額を請求されるケースもあります。契約時や作業

 開始前に追加料金がないか確認しましょう。

☆作業時は家族や周りの人に立ち会ってもらうことも大切です。

☆不審に思ったら、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください

 (消費者ホットライン188)。

 

イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html

※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。

__________________________________

本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行

しています。

 

●全国の消費生活センター等の相談窓口

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

**********************************************************************

メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html

問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp

**********************************************************************

 


 

見守り新鮮情報 第316号                              平成30年8月28日


◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

 

            災害に備えて 日ごろから安全対策を


9月1日は防災の日です。いつ起こるか分からない災害に備え、日ごろから安全
対策を行いましょう。家具類の安全対策、防災用品の点検、避難場所や家族と
の連絡方法など、身の回りの防災について再確認しましょう!
===================================
<ひとこと助言>
☆家具の安全対策点検
 地震に備えて、転倒防止器具を使い、家具の転倒・落下・移動防止対策をし
 ましょう。対策を行う家具の形状や重さに合った器具を選び、正しく設置す
 ることが重要です。既に設置をしている場合にも、器具が外れていないか確
 認しましょう。
☆防災用品の点検
 災害時に懐中電灯、ラジオ等が使用出来ないことのないよう電池等を確認し
 ましょう。住宅用火災警報器も正常に作動するか定期的に点検を行いましょう。
☆避難経路の確保
 避難の妨げにならないよう、出入り口や避難経路に倒れやすい家具を置かな
 いようにしましょう。
☆連絡方法の確認
 近隣の避難場所や家族の間で安否確認のための手段を確認しましょう。例え
 ば各電話会社の提供する災害用伝言板サービス等の使い方を調べておくのも
 良いでしょう。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html
※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。
__________________________________
本情報は、東京都・東京消防庁・消費者庁・国民生活センターの公表資料を参
考に編集・発行しています。

<参考>
地震による家具類の転倒・落下・移動を防ぎましょう(東京都)

https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/attention/jishin-kagu20180627.html
地震に備えた対策をしましょう(東京消防庁)
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/camp/2018/201802/camp2.html
電池の発熱、液漏れ、破裂に注意しましょう!-災害用の懐中電灯やラジオの
点検を-

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20180720_1.html
地震による転倒の防止策-電気給湯設備の貯湯タンクと家具・家電について-
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20180607_1.html
住宅用火災警報器の点検をしましょう!-経年劣化や電池切れにより正しく作
動しないことも-

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20170907_2.html

●全国の消費生活センター等の相談窓口
http://www.kokusen.go.jp/map/index.html
**********************************************************************
メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html
問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp
**********************************************************************


 

見守り新鮮情報 第315号                              平成30年8月7日


◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

 

            持病の話題に乗せられて? 家庭用電気治療器具の訪問販売


「どこか体に悪いところはないか」という電話が突然あり、「腰が悪い」と伝
えたところ、「もみ方の指導に行く」と言われ、数日後に男性が自宅に来た。
電気治療器の体験をさせられ、6時間も居座り、断りきれず38万円で契約してし
まった。「1週間では効果がないので10日間は使用するように」と言われたが、
クーリング・オフしたい。(80歳代 女性)
===================================
<ひとこと助言>
☆電話で健康に関する話題を持ちかけ、訪問してきた営業員から、高額な家庭
 用電気治療器具の購入を勧められたという相談が寄せられています。商品を
 販売するという目的を隠して健康相談をしたり、器具を試させたりしながら
 近づいてくる事業者もいますので注意が必要です。
☆電話がかかってきた時点で、商品の販売を目的としていないかを確認し、必
 要なければ商品の購入、自宅への来訪をきっぱり断りましょう。
☆契約書面が渡されていない場合や、不備のない正しい記載がなされている契
 約書面を受け取った日から8日以内である場合等はクーリング・オフが出来る
 ので、困ったときは、早めにお住まいの自治体の消費生活センター等へご相談
 ください(消費者ホットライン188)。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html
※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。
__________________________________
本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行
しています。

●全国の消費生活センター等の相談窓口

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html
**********************************************************************
メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html
問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp

 

**********************************************************************


 

見守り新鮮情報 第314号                              平成30年7月24日


◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

 

           テレビショッピングでも 注文したら定期購入だった


テレビショッピングで健康食品を購入し商品が届いた。その後、何も頼んでい
ないのに1カ月後に同じ商品が届いた。よく確認すると「定期お届けコース」
になっていた。これ以上は要らないので返品し、定期購入を解約したい。
(80歳代 女性)
===================================
<ひとこと助言>
☆テレビショッピングは情報の表示時間が限られているため、ついつい商品の
 印象やお得感ばかりに気を取られてしまいますが、契約内容や解約条件を見
 逃さないようにしましょう。なお、定期購入である場合は、その旨や定期購
 入の期間など重要な事項が表示されているので注意しましょう。
☆電話で注文する際にオペレーターが定期購入等の契約条件を説明する場合が
 あります。しっかりと話を聞いて、注文内容を確認しましょう。説明が分か
 らない場合や契約内容について説明がない場合は自分から確認し、納得して
 から注文しましょう。
☆テレビショッピングなどの通信販売ではクーリング・オフの制度はありませ
 ん。ただし、契約条件によっては返品出来る可能性がありますので、困った
 ときは、早めにお住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください
 (消費者ホットライン188)。


イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。
http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html
※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。
__________________________________
本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行
しています。

●全国の消費生活センター等の相談窓口

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html
**********************************************************************
メールアドレスの変更と配信解除はこちらへ

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mgtop.html
問い合わせ:mimamoru-kun@kokusen.go.jp


**********************************************************************


お知らせ